マーサー・グローバル・インベストメント・フォーラム

2019

東京2019年4月16日(火曜日)

アジェンダ

タイトルをクリックすると開きます。

2019年4月15日(月曜日)

15:45–16:30アセットマネジャーセッションに参加登録

16:30–18:30アセットマネジャーセッション

18:30–20:30歓迎レセプション (参加者皆様)

2019年4月16日(火曜日)

07:30–08:45受付

07:45–08:45朝食

08:50–09:10開会のご挨拶

ウエルスビジネス日本代表榊原正章

09:10–09:502019年投資テーマ、参照ポートフォリオとその実践

本セッションでは、「市場循環の後期局面」「市場参加者の変化」「グローバルな政治秩序の動揺」「持続可能性への注目の加速」の4つを2019年以降の投資テーマに据え、投資環境が現在抱えている問題や投資機会をご紹介すると共に、投資環境の変化について取り上げます。また、そうしたテーマに国内外の様々な投資家がどう対応し、どのようにして実践的な投資機会を追求し、ポートフォリオのパフォーマンス向上を可能にするのかを検討します。

デブ・クラークインベストメント・リサーチ グローバル責任者

Panel

ニック・ホワイトグローバル戦略リサーチ・ディレクター

今井俊夫資産運用コンサルティング部門リーダー

キャメロン・システマンズシニア・ポートフォリオ・マネジャー

09:50–09:55司会者

秋和由佳インベストメント・シニアコンサルタント

09:55–10:10今後の人生をテーマとしたゲーム 概要およびラウンド1

定年を迎える人であれば誰もが、健康で豊かな老後を送りたいと願います。金融サービス業は、そうした願いを叶えるために定年後に必要となる生活資金を確保する上で極めて重要な役割を担っています。様々な年金向け商品が登場し、確定拠出年金(DC)投資家の選択肢が広がるにつれ、定年後の収入を確保する手段も複雑さを増しています。本セッションでは、単に定年後の収入と投資収益の最大化を目指すのではなく、可能な限り健康で豊かな老後を実現することを目的とし、皆様に定年を迎えた自分を想定して、その後のライフスタイルに適した年金向け商品や投資対象についてお考えいただきます。

畔柳 鈴太郎オルタナティブ資産運用部長

10:10–10:40歓談/休憩

10:40–11:40基調講演: タイトル 「メガトレンドから見たテクノロジーと人間の未来」

時代を牽引するテクノロジーは移り変わってきた。土木が主役の時代から始まり、機械、電気を経て電子、情報分野へとバトンタッチされてきた。長い発達の歴史を通して、技術には人間の体と心に近寄ってくる生来の性質がある。これからの主役技術は、細胞やゲノムをハンドリングするバイオ領域と、脳や神経系といった人の情報系へのアクセスに関わる領域になる。特に脳へのアクセスとは、人間理解そのものであり、あらゆるビジネスの市場そのものであるがゆえに、大きな社会変革を導き出すだろう。ハイテクの未来というと、IoTやAIが大きな注目を集めているが、もっと大きなメガトレンドの視点で見て重要な「人に近づく技術群」が導き出すビジネスインパクトについて解説する。

川口盛之助未来学者

11:40–12:05気候変動の時代における投資-ポートフォリオへの影響

マーサーが2015年に発表した研究報告書「Investing in a Time of Climate Change」の続編として4月に発表が予定されている次回報告書は、気候変動に伴う物理的損害と低炭素経済への移行が長期期待リターンにもたらす影響を分析すると共に、気候変動リスクへの認識が高いポートフォリオと低いポートフォリオの2つのシナリオで投資への影響を具体的に示す内容となっています。本セッションでは、短期・長期の影響要因を検討した上で、優先度の高いリスクエクスポージャーを見極め、将来的にレジリエンス(回復力)の高いポートフォリオを構築するための方策を検討します。参加者様の間で活発に議論していただくなど、参加型形式のセッションです。

ヘルガ・バーゲデン責任投資 グローバル・ビジネス・リーガー

星野 実インベストメント・シニアコンサルタント

12:05–12:15今後の人生をテーマとしたゲーム ラウンド2

定年を迎える人であれば誰もが、健康で豊かな老後を送りたいと願います。金融サービス業は、そうした願いを叶えるために定年後に必要となる生活資金を確保する上で極めて重要な役割を担っています。様々な年金向け商品が登場し、確定拠出年金(DC)投資家の選択肢が広がるにつれ、定年後の収入を確保する手段も複雑さを増しています。本セッションでは、単に定年後の収入と投資収益の最大化を目指すのではなく、可能な限り健康で豊かな老後を実現することを目的とし、皆様に定年を迎えた自分を想定して、その後のライフスタイルに適した年金向け商品や投資対象についてお考えいただきます。

畔柳 鈴太郎オルタナティブ資産運用部長

12:15–13:30昼食

13:30–14:00パネルディスカッション-変わりゆく業界展望

本セッションでは、国民年金基金連合会 上席調査役の飯野厚子氏と、パナソニックペンションファンドマネジメント株式会社 取締役の井本進一氏をお迎えし、日本の年金基金運営に携わる立場から、現在の金融サービス業界が年金資産の運用管理という目的にあっているか、或いはすべての年金加入者に適したサービスを提供し続けるために業界を変革する必要性があるかといった根本的な問題にお答えいただきます。

また、アクティブ運用からパッシブ運用に移行する年金運用手法や、非公開市場への投資増、確定給付型(DB)から確定拠出型(DC)に切り替わりつつある年金制度など昨今見られる動きについても議論します。
進行役

竹内康孝インベストメント・シニアコンサルタント

パネリスト

飯野 厚子 氏国民年金基金連合会 資産運用部 運用企画課長、オルタナティブ投資担当

井本 進一 氏パナソニックペンションファンドマネジメント株式会社 取締役 兼 クライアント・サポートグループ長

14:00–14:10「中国の台頭」と、それが資産配分に持つ意味

改革開放の開始から数十年が過ぎた現在、中国はグローバル市場経済の一翼を担う存在となりました。

MSCIは、中国本土上場株を自社の株価指数に組み入れました。中国オンショア(CNY)債券市場も転機を迎えており、ブルームバーグは2019年4月から、中国人民元建て国債と政策銀行債をブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックスに組み入れる予定になっています。

本セッションでは、世界の投資市場で存在感を強める中国がアセットマネージャーとアセットオーナーにもたらす影響について解説するほか。

秋和由佳インベストメント・シニアコンサルタント

14:10–14:30確定給付年金制度(DB)-通説の検証と今後を見据えて

日本では多くの確定給付年金は積立余剰で、リスクを抑えた運用がなされており、採れる方策は限られていると言われています。本セッションでは、この通説の真偽を検証し、今、確定給付年金ができることを考えていきます。また、他国でどのように課題は解決されたかを参考にしながら日本における次なるアクションを検討します。

五藤智也ウエルスコンサルティング本部代表

14:30–14:40サイクル後期におけるディフェンシブ・ポートフォリオの投資機会

市場循環の後期局面の長期化は、投資ポートフォリオに不確実性をもたらしています。こうした市場環境下では、期待収益の獲得を目指しつつも、潜在的なダウンサイドを管理することが重要です。このセッションでは、投資家がポートフォリオのディフェンシブな部分の堅牢性をどのように高めながら、ポートフォリオ全体の期待利回りを向上させることができるかについてご紹介します。

ジャネット・リーウエルスビジネス アジア代表

14:40–15:10歓談/休憩

15:10–15:20今後の人生をテーマとしたゲーム ラウンド3

定年を迎える人であれば誰もが、健康で豊かな老後を送りたいと願います。金融サービス業は、そうした願いを叶えるために定年後に必要となる生活資金を確保する上で極めて重要な役割を担っています。様々な年金向け商品が登場し、確定拠出年金(DC)投資家の選択肢が広がるにつれ、定年後の収入を確保する手段も複雑さを増しています。本セッションでは、単に定年後の収入と投資収益の最大化を目指すのではなく、可能な限り健康で豊かな老後を実現することを目的とし、皆様に定年を迎えた自分を想定して、その後のライフスタイルに適した年金向け商品や投資対象についてお考えいただきます。

畔柳 鈴太郎オルタナティブ資産運用部長

15:20–15:40インベストメント・ガバナンス:受託者と取り組む様々なアプローチ

フィオナ・ダンサイアー英国CEO兼ウエルス・ビジネス・グロースマーケット代表

15:40–16:30正念場の「オルタナティブ投資」

近年、オルタナティブ投資が注目を集めている要因の1つに長期的な低金利環境が挙げられます。多くの機関投資家が、最低でも1つのオルタナティブ資産への投資を行っています。本セッションでは、各オルタナティブ資産の4人の専門家をお迎えし、特定のオルタナティブ資産をポートフォリオに組み入れることで、それがいかに強固なポートフォリオを構築し、リターン向上につながるのかを議論します。出席者が質問などを行った後、本セッションの最後に4人の専門家の中から最も説得力のあるプレゼンテーターを投票で選びます。
司会

サイモン・コクスター株式ブティック アセットクラス・スペシャリスト

Sessions

1.オルタナティブ債券

ジーン・デ・コック債券ブティック アセットクラス・スペシャリスト

2.プライベート・エクイティ

ヴァレリー・ウオンマーサープライベートマーケッツ アセットクラス・スペシャリスト

3.実物資産

ヘンリー・チンアセットクラス・スペシャリスト

4.リキッド・オルタナティブ

ジョン・ジャクソンヘッジファンドブティック グローバルリーダー

16:30–16:45本日のまとめ - 実務への応用

本セッションでは、今回のフォーラムで取り上げた様々なテーマとトピックを総括し、出席者の皆様が一投資家として今後の投資計画にどのように取り入れることができるのかをご提案させて頂くとともに、市場環境の後期局面の波を乗り切るお手伝いをさせ頂ければ幸いです。

奥田啓介マーサー・インベストメンツ株式会社CEO

16:45–16:55今後の人生をテーマとしたゲーム 最終結果

定年を迎える人であれば誰もが、健康で豊かな老後を送りたいと願います。金融サービス業は、そうした願いを叶えるために定年後に必要となる生活資金を確保する上で極めて重要な役割を担っています。様々な年金向け商品が登場し、確定拠出年金(DC)投資家の選択肢が広がるにつれ、定年後の収入を確保する手段も複雑さを増しています。本セッションでは、単に定年後の収入と投資収益の最大化を目指すのではなく、可能な限り健康で豊かな老後を実現することを目的とし、皆様に定年を迎えた自分を想定して、その後のライフスタイルに適した年金向け商品や投資対象についてお考えいただきます。

畔柳 鈴太郎オルタナティブ資産運用部長

16:55–17:00閉会のご挨拶

レニー・マクゴワンアジア CEO

17:00–18:00レセプション

アジェンダ(予定であり、変更の可能性がございます。)
View page in English
今すぐ登録する

2018年開催イベント

お問い合わせ


ご質問・お問い合わせは、下記にご連絡ください Sakamoto Sachiko:

もうご存知ですか?

一部専門機関の方は、本イベントに参加いただくと、継続的専門能力開発制度(CPD)での単位取得が可能です。

© 2019 Mercer LLC, All Rights Reserved.